2017年09月01日

シルックと、シルクウール。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
今日から9月ですね。
薄物から、単衣の季節です。

店頭は、日々、秋の新入荷。

これからの季節に着たい着物が、いろいろやって来ております。

とくに、このところ入荷が続いているのが
絹以外の反物。


木綿
シルクウール
ポリエステル。

着物=正絹がホンモノ!
みたいなイメージが定着してしまった現代ですが
みんなが普段に着物を着ていた時代に
お手入れにも手間のかかる絹を普段着にしていたわけもなく
庶民は
ウールや、綿をきていたわけです。

現代だって
カジュアル派の方がふえてきて
普段に気楽に着物を着ようと思ったら
絹以外のものは、やっぱり実用的。
水に強いし、選択できるし、丈夫だし。

そんなわけで
先日、木綿フェアは好評のうちに終了しましたが

木綿よりも、ちょっぴりよそゆき感があるのが
シルクウール

IMG_9488.JPG

経糸シルク、横糸ウールの織物です。
ウールのあったかい風合+シルクの光沢がほんのり
木綿ほど素朴ではなく
ストン、と落ち感があってしわにならないし丈夫。
IMG_9466.JPG
三勝さんから、新柄おしゃれストライプ。
男性が仕立てても。

ワタクシ臼杵は、仕事着としてとっても重宝。
スーツ的な感じね。
出張にも、着ていきます。
IMG_9500.JPG
基本的に、木綿と同じで単衣仕立てにします。
北海道なら、肌寒くなった9月の単衣として
袷の時期も、もちろん着られます。

そして、洗える着物の代表選手
ポリエステル。
のなかでも
東レ・シルック
IMG_9504.JPG
あのね、
ワタクシ、基本は天然素材がすきなんですが
ポリエステル、合繊も捨てたもんじゃないです!
というか、
最近の合繊って、すごいわよ
IMG_9459.JPG
こんな、地模様のあるぼかしの着尺
触った感じ、がさがさしなくてしなやか
ポリエステルのテカリもなくて
びっくりの高級感です。

低価格のナイロン、ポリエステルの、暑いし滑るし・・・というイメージとは、本当にちがうのです。

東レのテクノロジーで
静電気も起きにくく、洗えて、通気性もよい繊維。

IMG_9491.JPG

着物としても実用的だし
コートや、羽織にもお勧めです。

シルックの長襦袢も、人気ですよー。

シルクと、シルックと、シルクウール、木綿。

様々な素材があって
進化しています!

ぜひ、触って比べて
現代のライフスタイルに合っているもの。
使い分けて、取り入れて下さいませ。

そのほかの新作情報はまた!

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら

posted by HANAスタッフ at 17:10| Comment(0) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

大人の半幅帯。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
寒くなりましたね…
たまに洋服を着ると、本当に寒いです。
着物はあったかい。

本日まで、紬とおしゃれ帯展。
期間中、紬に合わせるコーディネート、というものを
日々考えたりしていましたが。

最近、とみに
半幅帯がいいなあ、という気分が高まっているワタクシなのです。

こちらはある日のお客様。
IMG_5372.JPG
当店オリジナルの【folklore】
とってもステキに締めてくれていました。

期間限定で来ている、kosodeさんの帯が素敵!ということもあり
IMG_5678.JPG

だって、わあ、オシャレ!
って思うものが多くって
IMG_5604.JPG
kosode・杉浦さんのオリジナリティあふれるセンス、万歳!
という気分。

当店に来て下さるお客様のほとんどは
カジュアルで着物を着る方々なので、
紬や、木綿の着物にささっと気軽に。

最近はとくに、大人のための
上質で素敵なものも多いので
肩の力の抜けた、着なれた、こなれたスタイル。
そんな着こなしができるのが、半幅帯です。

そして、大人かわいい半幅いえば
当店でずーっと人気の【召しませ花】シリーズ。
IMG_5022.JPG
これを締めたくて、
お太鼓派から半幅帯に目覚めた、という方も。

ところが
半幅帯は気軽で簡単、という通念とはうらはらに
私を含めて、実はお太鼓の方が安定的に結びやすいのよね
というかたも少なくないのです。

そんな方には、
この方の書籍をどうぞ。

IMG_5690.JPG9月に札幌にいらした時の写真。

以前にも、勝手に推薦図書としてご紹介しましたが
オハラリエコさんの着付け本・帯結び本は
半巾の結び方がわかりやすくて、大変よいのです。
浴衣のための半幅帯の本とはちがって
大人のための、あ、これやってみたい!と思える結び方が載っています!

さらに
半幅=カジュアルとはいえ
こんなコーディネートなら、これからの季節
クリスマスのパーティーシーンにも。
IMG_5687.JPG
ビーズ刺繍がキラリ
ラメラメ帯揚もキラリ
帯も華やかに結びたいですね。

クリスマスパーティーのコーディネートなども
ご相談下さいませ。

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら

posted by HANAスタッフ at 17:28| Comment(0) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

江戸小紋フェア、終了いたしました。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
今日から11月。寒くなりましたね。

余韻さめやらぬ
KOMON HIROSE 江戸小紋お誂えフェア。
廣瀬染工場四代目・廣瀬雄一さんをお迎えし
お陰さまで好評のうちに終了いたしました。
IMG_5433.JPG
なんだか私たちスタッフが終始そわそわしており
また狭い店内、不手際もありましたことをお詫び申し上げます。

さて、廣瀬さんの江戸小紋にうっとりした先週のフェア期間。
IMG_5398.JPG

正直言って、私どもの店頭で普段おすすめしている品揃えより
ワンランク上の着物。
たしかに素敵だけど、そこまで必要かしら?
と、思う方も多いと思います。

今はもう彫れない貴重な型紙もあり、
この先だんだん染められなくなっていく柄も。
一反一反、手間のかかったものですから、
お値段的にも、「がんばって手に入れる着物」です。
IMG_5440.JPG
廣瀬さんのお話をきいていると
本当に卓越した技術と、魂をこめて染められているのを実感。

それはもう、一張羅、です。
IMG_5456.JPG見よ!このご満悦な2人を(笑)

普段着でたのしむのは、木綿の着物。
ちょっとおしゃれする時の、紬や小紋。
私たちの生活で出番が多いのは、そんな着物。

そんな日々の中で、
ちょっと気合いのおしゃれをしたい時。
大人としてきちんと見せたい時。
たまには、フォーマルな場面。
自分にとっての、特別なお出かけ。

普段とはちがう、素敵な時のための
とっておきの着物を一枚持ちたいとおもったら

おすすめしたい、持つべき一張羅
廣瀬さんの江戸小紋です。

IMG_5481.JPG

普段と違う、「いい着物」をもつこと。
それを着たときの、謎の高揚感。

カジュアルな服装でけっこうどこでも行けてしまう現代には、
なかなか味わえない、
だからこそ素敵な
着物ならではの楽しみ。

そして現実的には
豪華な訪問着よりも出番を作りやすくて
コーディネートでイメージも変えやすく
スタイリッシュでおしゃれ(これ大事)。
フォーマル対応出来る一枚として、優秀です。

廣瀬さんと直接ご相談すると、お好きな柄をお好きな色で染めてくれます。
そして、廣瀬さんが大切に汲み取ってくれるのは
着たい色のイメージ。
単純に、色見本の何番の色、という事ではなく
グレーでも、クリアでくすまなくて明るく見える色、とか
ピンクなら、淡くやわらかく年をとっても着られるピンク、とか
その人のイメージを汲み取って
ベストな色を染め上げてくれますので
IMG_5390.JPG
今回、オーダー頂いた皆様、楽しみにお待ちくださいね!
私も楽しみ!

そして、来年も来て頂く予定ですので
今回逃したかたは、ぜひ来年。

そんなわけで、今日から11月。
11月1日は
ワンワンワン
犬の日。

ということで

廣瀬さんちのわんこ
コモンでしめたいと思います。

IMG_4654.JPG
ありがとうございました!

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら

posted by HANAスタッフ at 13:37| Comment(0) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

大人兵児帯の気分。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
昨日までの3連休、着物で浴衣で、お出かけの方も多かったのでは。
札幌は真駒内の花火大会もあり、
地下街にも浴衣姿の男女が行き交っておりましたよ。

さて、浴衣に合わせる帯です。
おすすめは、色々。
大道は半幅帯。
上級者は着物っぽく、麻や博多の名古屋帯。
そして
最近なんとなく、気分だなあとおもっている
大人兵児帯

ある日のワタクシ。
IMG_3749.JPG
くるりのファブリック帯でございます。
(この色は何年も前のなので、ごめんなさい
 同じ商品はありませんが、配色違いがございます。)

手持ちの浴衣が、紺とか黒とか、温泉風とか?
色気のないバリエーションなワタクシも
ちょっと、ふわっと、女らしくしたいわけなのです。

こちらは、トリエさんの兵児帯・カノコボーダー。
IMG_4345.JPG
撫松庵の浴衣・紗綾型。
かっこいいコーディネートをしようと思いましたが
いや
ちょっと待って
なんとなく
メンズライクにシャープな印象の物を組み合わせるより
ふわっと女らしさを足してみたくなったのです。
トルソ嬢の後姿が、なんか色っぽい。

そんな感じで
【大人可愛い】は、アラフォー以上の私たちに大事なテーマでありますが
今まで、「カッコイイ」をよしとしていた我々も
すこーし
方の力を抜いた柔らかさを加えたい。
(私だけじゃないはず!)

そこで、兵児帯なのですよ。

いえ、あの
数年前にギャルの皆さんが盛っていた、
キラキラ兵児帯では無いので、ご安心を。

落ち着いた大人のこなれ感を演出する、大人兵児帯。
IMG_4343.JPG
毎年定番でロングセラーの、夢工房のコレなんて
上品なカラ―バリエーションといい
マットな素材感といい
ほど良いハリと締めやすい機能性といい
大変優秀でございます。

そんな兵児帯の魅力を
大変わかりやすく素敵な結び方のバリエーションと共に説いている、
オハラリエコさんの本。
IMG_4348.JPG
この本、良いですよ!
うちの店では売っていませんが、本屋さんに売っています!
宣伝しても何の見返りもありませんが、
個人的に臼杵推薦図書です。

ちなみに、この本には
IMG_4350.JPG
オハラさんがトリエさんのお仕事で札幌へ来た時に
我々と一緒に撮った写真も載っています!
これはちょっとはずかしい!

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら




posted by HANAスタッフ at 16:26| Comment(0) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

浴衣お仕立ての真面目な話。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。

さて
浴衣シーズン、真っ盛り。
ことしはもう、着ましたか?

おあつらえ店ではここ数年で
浴衣を反物からお仕立てするお客様が増えています。

着物も、浴衣も、自分サイズでお仕立てしてみたい!
とは思うけど
反物代の他に、プラス仕立て代。
仕立て代、高いなぁ

って、思います?

私も、思ってました。

自分が和裁をやるまでは!!
IMG_3963.JPG

たかが浴衣
されど浴衣。
仕立ての良し悪しで
素敵にも、台無しにも、なる。
と、私は思っています。

直線縫いだから単純なんでしょ!
などと言うなかれ。
なかなかどうして
一筋縄では行かぬのです。

そのあたりも、ちょっと知って頂けると嬉しいな、
ということで、
真面目に柄あわせのお話をひとつ。

例えば今年のワタクシ。
IMG_4022.JPG
金魚をどこに持ってくるか
ボカシの濃い方or薄い方を衿にするか、等々で
全然違う浴衣になります。

さらに、トリエさんの綿麻縮・斜め縞。
IMG_3836.JPGこんな反物。

以下、背中心(もしくは衽付)だと考えてごらんくださいね

斜めを繋げるか
IMG_4005.JPG

ずらして互い違いにするか
IMG_3959.JPG

同じ反物でも、印象がまったく違う浴衣になります。

そこが、柄合わせ。
縫製そのものの上手下手だけでなく
仕立て屋さんの腕の見せ所でもあります。

和裁でコレが難しいのは
どんな寸法の人でも、用尺=反物の長さ約13メートルと決まっている点がひとつ。
それを
裁断する前に全て計算して、その人の寸法で出来上がったときに
ちゃんとピタリと決まるように縫うのです。

IMG_4043.JPG

当店でいつもお願いしている仕立て屋さんは、この辺りが実にハイレベル。
雪花絞りも、ずーっと同じように柄が連続していくような仕上がりに縫ってくれます。

※余談ですが、臼杵は和裁の仕事をしていた時期があり
だから仕立てのことが気になる気になる。

着物の仕立ては、完全オーダーメイド。
浴衣は、そんなオーダーメイドの特別感が
手の届きやすいお値段で味わえるスペシャルな体験です。
お洋服だと、なかなか味わえませんよね。

ちなみに

先ほどの斜め縞は

こうなりました。

IMG_4212.JPG

ボスご満悦でなにより。

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら



posted by HANAスタッフ at 01:43| Comment(1) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする