2016年01月30日

名古屋帯のこと。

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
今日は寒いですね。

忘れないうちに、大事な予告。

きものお手入れフェア
2/1(月)〜11(木祝)です!!!

期間中、
●丸洗い…2,800+税   ※着物・帯・襦袢とも同じお値段です。
●洗張り…3,800+税
●パールトーン加工…通常価格の30%OFF
となります。
そしてお願い。
・一度の持ち込みは、お一人様3点まででお願いします。
・お一人ずつ確認しながらお預りしますので、お待たせする場合がございます。
何卒ご理解ご協力お願い致します。

さて
貴久樹にうっとりする1週間もおわりまして
間もなく2月。
札幌は雪まつり(地元の人はあまりいきませんけどね 笑)
まだまだ雪の季節なので
この帯がしばらくは活躍する予定です。
IMG_2258.JPG
当店オリジナルの名古屋帯。

この雪花の柄は現在完売してしまいましたが
(来年また配色を変えて織ってもらおうかと)

ふふふ

もうすぐ
第二弾が織りあがってくる予定。
IMG_2151.JPG
今度は春に向けて
古典へのリスペクトを込めた、ちょっと大胆な柄です。

これもそうなんですが
当店で、通常おすすめしているのは
もっぱら、名古屋帯。

紬にも袋帯(洒落袋)をおすすめするお店が多い様ですが
我々のおすすめは
やっぱり、名古屋帯。

だって、一重太鼓の方が、締めやすい。
短い分、軽い。
そして、かわいい。

と、思うのです。

カジュアルに着る方が増えているのに
どうやら(札幌の地域性かもしれませんが)
名古屋帯の品揃えが多いお店って、少ない。
という声をよく聞きます。

名古屋帯のよいところは
季節感や遊びのある柄の物が多いところ。
格も
付下げくらいのセミフォーマルまで締められるようなものが
けっこうあるのですよ。

先日のお客様
IMG_2229.JPG
新年会に、春を先取り
桜尽くしのコーディネート。
そこにいるだけで、場が華やぎますね。
重厚な刺繍は、付下げ、色無地あたりまで充分いけます!

より季節を楽しむなら、こんな染め帯。
IMG_2265.JPG
季節限定が贅沢…と思いますが
こういう柄こそ、
その季節がめぐってきたら絶対締めたい!と思うので、
出番を逃さないという説も。
今年もそろそろあの帯を締めたくなる季節ね〜
などと思わせてくれるのも、また素敵。

そんなわけで

キモノハナおあつらえ 西陣織オリジナル帯
第二弾【葵と鳳凰】
おたのしみに!

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら
posted by HANAスタッフ at 15:34| Comment(2) | 着物のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば20年くらい前(笑)、礼装でない帯が欲しくて探し回ったことがあったなぁ。案外ないんですよね。あっても仲居さんのような、ヘンな染め柄とか……f(^_^;

刺繍や幾何学柄の名古屋帯は使いでありますよね。
名古屋帯の、ちょっとだけ変わり結びなんかも着なれた風で可愛いです。

個人的には、平仕立てがオススメ。タンスに入れやすいし、身長がある人でも帯幅が調節できますからね♪
Posted by 黒猫。 at 2016年02月01日 12:36
黒猫さん、こんにちは!おあつらえ 江口です。
コメントありがとうございます!

身長が高いと確かに帯巾が調節できた方が良いですもんね。
分かります〜。
江口は、塩瀬や縮緬の柔らかい帯は太めの帯前巾に仕立てて
使っておりますよ♪
朝の1分1秒を争う中で、平仕立てを胴に回すのが不得手で・・・。
もう最近は半巾帯ばかりでした。
着物屋がそんなことではいけませんね(反省)
どんな帯でも涼しい顔で締められたらカッコ良いのですが。

頑張ります〜!
Posted by at 2016年02月02日 12:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: