2017年06月26日

浴衣セットのススメ

こんにちは!ハナプラスハナ ポールタウン店、帽子店長の高山です。
先日、友人たちが誕生日パーティーを開いてくれました♪
その時のケーキが
set6.JPG
ドクロ❤
ドクロマニアの高山は狂喜乱舞でして…食べるのがもったいなかった〜!!

私の誕生日は6月末なんですが、毎年この頃になると「あっと言う間に7月だなあ」と思ってしまいます。
そう、もうあっという間に7月!!
7月8日(土) 真駒内花火大会
7月28日(金) 豊平川花火大会
7月28日(金)〜30日(日) 小樽潮まつり

夏のイベント、目白押しです!
set1.JPG
浴衣セットも花盛りです!!

浴衣、帯、下駄or巾着の3点で12,500円+税の浴衣セット。
リーズナブルなセットって、ありきたりな柄とかが多いんでしょ〜?
というお話をよく聞きますが、HANAのセットはちがいます!!
set5.JPG
自他共に認める「ヘンな物好き」な私が選んだ個性派柄の浴衣!
抽象画みたいな幾何学柄や動物の柄。周りに「アッ!!」と言わせたい方にオススメです。set2.JPG
大人っぽいシックなタイプもあります。お母様とお嬢様で一緒に浴衣でお出かけはいかが?
ちなみに二人以上で浴衣セットをお買い上げで10%OFFになります!

set3.JPG
そして王道。可愛いタイプももちろんそろえております♪
メンズ受けNo1!デートにはこのタイプですね。

当店の特徴としては、同じ柄を沢山入れていない事。お店に出ている浴衣はその時その時で1点物なんです。
たまーに追加が入る時もありますが、いついつにこの柄が…という指定はできないんです(><)スミマセン!
set4.JPG
そして、セットについている帯、下駄、巾着もたくさんある中から好きな色を選べます!

これで人と被らない、自分だけのベストコーデができあがります!!
浴衣のお出かけは、どうぞおまかせ下さい〜


★★★★★★★★★★★★★★★★★
ハナプラスハナ
札幌市中央区南3条西4丁目さっぽろ地下街ポールタウン内
011-221-3661 
・詳しいお店情報はコチラ↓↓
http://www.sapporo-chikagai.jp/floorguide/detail/?id=128

facebookも更新中!お店での楽しい出来事などを配信しています。
facebookはこちら

ラインのお友達大募集↓↓
友だち追加数

instagramも始動いたしました!
hana_plus_hanaで検索をお願い致します!


配信内容
・ブログ更新のお知らせ
・イベント、セール情報
・新商品入荷情報
などなど沢山の楽しい情報を配信しています♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★




posted by HANAスタッフ at 16:39| Comment(0) | ├浴衣のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

伊勢木綿の織元さんに行ってきました。【後篇】

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
はい、店頭は夏物・浴衣真っ盛りですが
それとは関係なく、
伊勢木綿の織元・臼井織布さんをたずねた旅日記
後編でございます。

前篇はこちら→伊勢木綿の織元さんに行ってきました。【前篇】

前回は、臼井さんの工場に入れてもらい
伊勢木綿を織っている【豊田式力織機】に対面したところで終わりましたね。
IMG_8361.JPG
ガシャンガシャンいいながら
少しずつ、格子が生まれていきます。
単純なことだけど
こういうの、ずーっと見ていられますね。


そうなのです
明治生まれのこの織機。
豊田佐吉さんが明治の中ごろに発明した、
時間も労力もかかる手織りにかわって、
動力で機織りする素晴らしいマシン
いまもここでは現役です。

少々話はそれますが、豊田佐吉さん。誰??
豊田・・・トヨタ。
そう、幕末生まれで明治の発明家、豊田佐吉さんは
自動車のトヨタの祖、なのです。
時は明治、日本の近代化。
産業革命はどこの国でも、紡績と織物からはじまったと言われます
車のトヨタも、元をたどると機織りから、そう思うとなんだか不思議に素敵。

もとい、
大事なことはこれからです。

明治からの古い機械をつかっている
というよりも
この、旧式の織機じゃないと
伊勢木綿は、織れないのです。
IMG_8353.JPG
ほんと、なんだか
「機械」というものが作られた最初の頃の機械、という趣。
殖産興業って感じ!


なぜなら、
伊勢木綿の糸は、単糸(たんし)といって
あまり撚りがかかっていない糸。
綿に近い状態で、糸一本の状態では、あんまり強くないんですね。
IMG_8392.JPG
なので、
より高速で織れるように発展した、もっと近代化した織機では
糸が切れてしまって織れないのですって。

単糸で織られている伊勢木綿は
布になると、ふんわりとやわらか。
ゆえに、あまり皺にならず
着るほどに肌に添う風合いが持ち味です。
今まで着ていただいている方はおわかりのように
ふんわりと肌触りがよくて
保温性に優れていて、冬も暖かく着られる、あの感じ。


明治生まれの、初期の織機の、
近代化しすぎないスピード。
それが伊勢木綿独特の、他の産地の木綿とはちがう
柔らかな風合いの、秘密


そして
ここ数年、伊勢木綿が私たちの心をつかんできた大きな魅力の一つ
カラフルでおしゃれな配色。

これは、臼井社長の、物作りへの
熱く、かつ、柔軟な姿勢が生んだもの。
お会いしてみて、そう感じました。

IMG_8389.JPG
面白くて素敵な物を作ろうという熱意あふれる、臼井社長は
昔ながらのものだけを守ろうということに固執せず
新たな物づくりにも、積極的。

だからこそ、
かつて定番だった紺や茶系とは違う
女子目線のおしゃれな配色、
というのを、面白い!と受け入れて
伝統産業の良さを受け継ぎつつ
現代のセンスに合った
いまの私たちの心をつかむ伊勢木綿、を
作ってくれたんだろうな、というすてきな方でした。

IMG_8341.JPG
こんな配色は、昔はなかったでしょうね。

ただ
こういうPOPな色合いも可愛いけど
昔ながらのシックな配色も
あらためて、すごくいいなぁと、思います。
IMG_8405.JPG
この、ごくごく昔ながらの紺の太縞が
素朴と大胆のいいとこどり、って感じで
妙に気にいりましてね。
臼井さんから見たら、今さらそれ?って
柄かもしれませんが(笑)

だから
伊勢木綿イコール、あのカラフルなチェックのやつね!
という、最近のイメージだけでとらえられるのは
もったいない。
可愛いだけじゃないのです。

ちなみに
熱意あふれる臼井社長と
この日、ご一緒したメンバーとの間にも
新たなモノが生まれるかも。
モノを作る人どうしが出会って起きる、化学反応。

それは、まだどうなるか分からないので
まだまだ長期的な、お楽しみ。
(同行した皆さんのことも、詳しくご紹介したいけど
それを書くとまた長くなるので、またの機会にね)

IMG_8408.JPG

全く余談ですが

私は、明治という時代が好きでしてね。
日本人の物づくりスピリットが、すごく活気あった時代だと思うのです。
小さな島国の、身体も小さな日本人が
日本製のすごいものを作って輸出するようになり
世界に向けて、
こんなものも作れるんだよ!どうだ!
と、日本の文化と技術に誇りを持って
上を上を向いて生きていた時代だと思うのです。

そんな明治生まれのレトロな機械が
並んで元気に動いている様子を見ると
あのころの日本人の魂が
今も元気に生きている気がして。
IMG_8359.JPG

そんな、
ただ可愛いだけじゃない
ものがたりを秘めた、臼井さんの伊勢木綿。


8月、お盆明けに
どーんとご紹介する予定です!

あらためて、伊勢木綿に
触れ直していただきたい!


どうぞどうぞ
お楽しみに。

ではでは

この日ご一緒して下さった
素敵同世代女子の御三方に感謝。
今回の旅をナビゲートしてくれた、
リアルな大人女子の着たい着物を作ってくれている、【召しませ花】の橋本さん
絶滅寸前だった技術を受け継ぐ、西陣絣職人の葛西さん
手仕事と職人さんの素晴らしさを文章で伝える、ライターの白須さん

そしてそして
伊勢木綿を、いまでも唯一織り続けている、臼井織布の臼井社長

いつも駄文にお付き合いいただく皆様

ありがとうございました!
IMG_8339.JPG
語っても語り足りない伊勢木綿。
続きは店頭で聞いて下さいませ。

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら


posted by HANAスタッフ at 10:00| Comment(0) | ┣ 日本の織りもの・染めもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

あいつが出てくる季節です

皆様こんにちは、ハナプラスハナの守屋です。
やっとあったかくなってきたものの、湿っぽい日が続いていますね。
こんな時期に姿を現し始めるアイツ。
今年もやっぱり出てきたようで・・・

そう

蚊です

人様の血をさながらドリンクバーのように好き勝手に飲んでお代にかゆみを置いていくあいつらです。
そんなあいつら対策が入荷いたしましたのでお知らせをば

香彩堂さんより「蚊除け香」

かとり.JPG
二種類でございまして、
カモミールの香り、ラベンダーの香りです。
かばんなどの持ち物にぶらさげておくと蚊を寄せ付けにくくしてくれるそうです。なんてこった。

あいつに悩む夏、蚊除け香で防虫してみませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★
ハナプラスハナ
札幌市中央区南3条西4丁目さっぽろ地下街ポールタウン内
011-221-3661 
・詳しいお店情報はコチラ↓↓
http://www.sapporo-chikagai.jp/floorguide/detail/?id=128

facebookも更新中!お店での楽しい出来事などを配信しています。
facebookはこちら

ラインのお友達大募集↓↓
友だち追加数

instagramも始動いたしました!
hana_plus_hanaで検索をお願い致します!


配信内容
・ブログ更新のお知らせ
・イベント、セール情報
・新商品入荷情報
などなど沢山の楽しい情報を配信しています♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by HANAスタッフ at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

伊勢木綿の織元さんへ行ってきました。【前篇】

こんにちは、おあつらえ・臼杵です。
またもや、しばらくこちらのブログをご無沙汰してしまいました
ごめんなさい。

6月は、頭に京都出張
その後、札幌は北海道神宮祭、浴衣真っ盛りシーズンに突入。
そんな夏物本番のなかで
店頭でワタクシに会った方々は
伊勢木綿と、豊田式力織機の話ばかり聞かされて
なんのことやらとお思いのことでしょう。

それもそのはず
6月初めに、いつもの京都出張から足を延ばして
三重県津市に行ってまいりました。
そうです、ずっと行きたかった
伊勢木綿の唯一の織元である臼井織布さんへ。

店で伊勢木綿をおすすめして足かけ5年
ずっと行きたかったのです!

カラフルな縞や格子の、可愛い普段きもの
としてご紹介してきましたか

行ってみて、あらためて感じた
可愛いだけじゃない
伊勢木綿の、もっと深い、本当の魅力。

IMG_8383.JPG
それは
伊勢の風土が生んだ
ずっと生活の側にあった布の、やわらかな風合。

臼井さんの、職人気質と柔軟な発想が産んだおしゃれな着物。

そして
そこには
100年前から動き続ける明治生まれのレトロな織機と
日本の産業革命につながるものがたりが、ありました。

そんなわけで
この話は長くなります(笑)
興味を持って下る方は、覚悟してお付き合いくださいませ。

では、まいりましょう。

津へは、京都から近鉄で約2時間。
IMG_8332.JPG
山と田んぼと瓦屋根、日本の農村!という景色をぬけてたどり着きます。
北海道の地方の景色とは、やっぱり違うよね。
私の大事なお出かけは、必ず雨。


伊勢はそもそも、綿の栽培に適したところ。
水はけがよい土壌、肥料にする鰯が目の前の海で上がって、水運も良く
ここで綿花がつくられたのは室町時代から。

江戸時代の津は、伊勢神宮へ通じる街道の宿場町。
そんな面影を残した、臼井織布さんの建物です。
IMG_8404.JPG
近代的に整備されたまっすぐな道路ではなく
緩やかに曲がる街道
戦災で焼けなかった、日本の風景。

伊勢木綿ココ、の看板と臼井社長の案内で、中へ。
IMG_8336.JPG
土間を通り抜けて上がった先には
木綿好きにはたまらない、この感じ。
IMG_8340.JPG
縞と格子だけなのに
どうしてこんなにかわいいんでしょ。


江戸の頃には、伊勢の木綿は江戸をはじめひろく流通したそうです。
江戸っ子も、おしゃれな伊勢の縞木綿、競って着ていたのでしょうね。
IMG_8405.JPG

そして時は明治。

明治維新後、日本では様々な産業が
国の政策もあって発展。
殖産興業、ですね。


それまで、手織りでパタンパタンと地道に布を織ってきたのにくらべたら
比べ物にならない速さと労力で織ることのできる
自動織機、なるものが発明されたわけです。

この、豊田佐吉さんが発明した「豊田式力織機」
伊勢地方でも、これを買って木綿が増産されました。
手織りに比べると、すごい速さ、楽ちん、画期的!

その、「豊田式力織機」。
明治生まれのこの機械が
いまでも伊勢木綿を織っています。

と、いうことを、
一応の知識としては頭に入れて、いざ行ったのですが
ここからが、ワタクシの
百聞は一見に如かず。

それまで、力織機(りきしょっき)といって、思い浮かぶのはこれでした。
IMG_8432.PNG
こちらは、いつも帯でお世話になっている
京都は西陣・りんどう屋さん。
写真の佐々木さんは、身長高い人ですが
もっと頭上まで、いろいろある(理解不能)
謎の巨大装置。
写真でいうと右の方向にも、経糸がずーっと向こうま、ぴーんと張られて伸びていて
とっても、大きなものです。
これで、複雑な組織の立派な袋帯が、織られています。


そのイメージで、いざ、臼井さんの工場へ。

織りあがった反物が、水洗いされて干してあるところをくぐりぬけて
IMG_8378.JPG


見せてもらった工場で対面したのは

これが豊田式力織機!!
IMG_8354.JPG

あら

まあ

想像より小さい!

なんかレトロ!

明治生まれのこの機械
今も40台近い子達が、現役でお行儀よく並び、
カラフルな木綿の糸が行ったり来たり
みんな一生懸命動いているではありませんか!

IMG_8359.JPG

わーすごい!
なんか、かわいい!

後編につづく!

*****************
キモノハナ おあつらえ
さっぽろ地下街ポールタウン
пi011)221−3661
facebookページはこちら


posted by HANAスタッフ at 10:00| Comment(0) | ┣ 日本の織りもの・染めもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

風鈴たちをご紹介!

こんにちは!ハナプラスハナ ポールタウン店、帽子店長の高山です。
昨日から暑い!昼間は窓を開けていました。
夕方はまだ涼しいけど、だんだん夏って感じになってきていますね。

夏で私がイメージするのは、縁側にスイカ、ブタの蚊取り線香入れ(正式名称がわかりません)、そして風鈴。
と、いうことで今店内でチリンチリン鳴っている…

愉快なメンバーを紹介するぜ!!
huurin3.JPG
まずは正統派。菊の柄です。短冊のグラデーションがとっても綺麗。
huurin4.JPG
こちらは梅。優しいピンクで女性のお部屋にピッタリです。
huurin6.JPG
夏と言えばの金魚!金魚鉢のようでとってもキュート。
huurin8.JPG
大胆なスイカ。短冊にアリがいるんです。見えますか??
huurin9.JPG
招き猫…この目つきがなんとも…何を考えているか気になるメンバーです。
huurin2.JPG
メンバー1のカワイコちゃん!こけし!!つぶらな瞳がキュート。

以上、現在6人のメンバーでチリンチリンしています。

ちなみにこけし嬢が立っているこの位置。
huurin1.JPG
ここだと…
huurin7.JPG
ねこ&こけしとバッチリ目が合うベストポジションです!!すっごい目が合う…
(冷房の風向き等で違う時もあります。)

お部屋のアクセントにもピッタリの可愛い風鈴たちをお招きしませんか?




★★★★★★★★★★★★★★★★★
ハナプラスハナ
札幌市中央区南3条西4丁目さっぽろ地下街ポールタウン内
011-221-3661 
・詳しいお店情報はコチラ↓↓
http://www.sapporo-chikagai.jp/floorguide/detail/?id=128

facebookも更新中!お店での楽しい出来事などを配信しています。
facebookはこちら

ラインのお友達大募集↓↓
友だち追加数

instagramも始動いたしました!
hana_plus_hanaで検索をお願い致します!


配信内容
・ブログ更新のお知らせ
・イベント、セール情報
・新商品入荷情報
などなど沢山の楽しい情報を配信しています♪
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

posted by HANAスタッフ at 12:37| Comment(0) | ├季節の置物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする